酵素ドリンクと生酵素サプリの違い

TOPで書いていた生酵素に効果なし!?でもいっているとおり私は酵素を飲み続けるのなら酵素ドリンクのほうがよいと考えています。

酵素ドリンクと生酵素サプリのどちらが良いかという話し合いは推している方の良いところばかり語られるので平行線状態になることが多いですが、生酵素サプリの言い分はいつもこうです。

生酵素サプリは非加熱の為酵素が生きている。酵素ドリンクは食品衛生法で加えられる熱処理の影響で酵素が死んでいると。サプリの場合はその熱処理が加えられていないから生きた酵素が飲めると。だから商品にも「生」とついているものが多いのでしょう。

「生」ってしってますか?マーケティングをやる人なら知っていると思いますが、なんでも頭に「生」をつけると消費者がなんだかよさそーと思う効果を生みだすんですよね。ずるい。

生酵素サプリが良いと感じるのはそういった人間心理をついている可能性もあります。なにより私が気に入らないのは、酵素ドリンクは加熱されているから酵素が既に死んでいるが私たちの製品は生きていると言うところです。

ぶっちゃけた話、酵素が生きていようがいまいがあんまり関係ないんですよ。酵素ダイエットって。論点を酵素が入っているかどうかに集中させ、他社を悪く言い自分たちがイイのだとおもわせる作戦ですね。まあ商売ですから仕方が無いのと、酵素ドリンクも似たようなことはやっているので極悪ではありません。

それで酵素ドリンクがよいのは飲み物であり酵素が死んでいたとしても、発酵させ栄養を凝縮しているからに他なりません。比較するなら青汁とか本当に健康的な野菜ジュースとかノニジュースとかそういう類の健康ドリンクの部類に入ると思うのです。

ダイエットで痩せると定着しているのは決して悪くないのですが、そろそろ酵素=痩せると言う考え方は辞めましょう。その他製品も同じことかと思いますが。

結局世の中に発売されている健康ドリンクの99.9%は飲むだけでは痩せないです。酵素ドリンクのように断食をするときに栄養を補給するための飲み物。青汁なんかも健康が第一目的で販売されていますが、青汁を活用してダイエットというのは結構一部のダイエッターに扱われていたりしますよね。

うまくいく健康食品系ダイエットの共通点は、液体だったり、固体だったりしますが、腹もちがすること。ある程度の栄養補給が出来ることです。そして美容に気を使っていることでしょうか。

いわゆる錠剤サプリメントの場合お腹を満たすことはできません。ドラゴンボールの千豆じゃああるまいし、あんなちいちゃな食べ物でお腹いっぱいになるなんて不可能なんですよね。サプリじゃないけど、チアシードと言う不思議なお腹が膨れる食べ物はありますが、一粒でお腹いっぱいになることはまずないですからね。

話は飛びましたが酵素ドリンクの良い点は栄養がとれること。味的に美味しいこと。色んな食べ物や飲み物にちょい足しがしやすいこと。等です。飲み物としては優秀な商品だと思うのですが、過度に痩せると言う期待を持ってはじめてしまうとがっかりすると思います。正しい知識をもって酵素ドリンクと向き合ってくださいね。

酵素情報

COPYRIGHT© 生酵素に効果なし!? ALL RIGHTS RESERVED.